GUIÁ DEL GLAMENCO

HOME > 
【フラメンコガイド】

【フラメンコ曲種解説】Las explicaciones sobre los palos

フラメンコで演奏される様々な曲種を詳しくご紹介します。

(イメージ)フラメンコ曲種解説

ALEGRÍAS アレグリアス

名前の由来と歴史

名称はALEGRIA(アレグリア=喜び)からきている。
起源は19世紀初頭に遡る。アラゴン地方からアンダルシアの港町カディスに持ち込まれたホタ(アラゴン、バレンシア、ナバーラ地方の民族舞踊音楽)の1種が歌われるようになった。このホタがソレアのリズムと解け合ってカディスのカンティーニャが生まれ、その後アレグリアスへと変化していった。そのリズムは速く、躍動感に溢れた曲調はフィエスタ性を持ち合わせている。カディス・カンテの代表格となったアレグリアスは、カフェ・カンタンテにおいてブレリア同様、最もよく歌われ、踊られる曲となった。
初期の頃、アレグリアスは踊りの伴唱としての役目を果たしていた。しかしエンリケ・エル・メジソによってカンテ・ソロとして重要なレパートリーとして扱われるようになり、時の流れとともに、アレグリアスは多くの歌い手達によって一層魅力を増していった。

特色

シギリージャ、ソレアなどといったカンテ・グランデには属していないが、そのフラメンコ性は強く、フラメンコの中でもソレアと並ぶ最も代表的な曲として扱われている。現在でも舞踊家のレパートリーとして最も多く踊られている。踊りの構成も基本的には決められている場合が多い。また、女性舞踊手がバタ・デ・コーラの衣裳で華麗に舞うテクニックは難しく、一流舞踊家の証明でもあるとされる。アレグリアスの同系曲としては、ロメーラス、ミラブラス、ローサス、カラコレスがあげられる。カディスのカンテーィニャスから派生したこれらの曲はそれぞれ違った曲調をもつが、リズム形式は共通である。

音楽形式

歌は長調である。舞踊が伴なう構成でのシレンシオの部分はギタ−による短調の旋律が演奏される。リズム形式はソレアと同じ、1コンパスを12拍子とし、3拍子と2拍子の混合リズム<1・2・3・1・2・3・1・2・1・2・1・2>として考えるが、カウントは<1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・1・2>と数え、終りの拍は10拍目となる。

歌の形式

歌詞は通常8音節4詩行で成り立っている。

レトラ紹介

Mira qué bonito está
el farol de la caleta
de noche en la *oscuria,
qué cosá mas bonita tiene mi *Cai.
Tirititran, tran, tran......
何て美しいんだろう、入り江の闇夜に浮かぶ町の灯、
我がカディスはこんなにも美しいものをもっている。
ティリティトゥラン、トゥラン......。
*oscuria=osucuridad
*Cai=Cadiz

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Iberia Corporation. All Rights Reserved.

page top